ミュージシャンのオーディオとモニター環境

去年あたりから、オーディオに凝っています。

オーディオを気にし始めたきっかけは、自分のバンドの作品をエンジニアさんにミックスをしてもらった時に、

「もうちょっと、ギターの音を奥行きのある感じに」とか「もっとコンプをキツめで」など色々な注文をしてたわけなんですが、

果たして自分の部屋にあるオーディオシステムはミックスされてきた音の良し悪しを判断するのに充分な環境なのか?という疑問が出てきたわけです。

判断も出来ない音響環境なのに音のバランス云々なんて言っても何の説得力もないですから。

そして、ミュージシャンとして自分の好きなCDやレコードをよい音で聴いて、

常に耳を培ってないといけないんじゃないか?と思ったわけです。

人のレコードから学ぶことは実に多いですから。
もちろん、リスナー側 聴き手側は音楽をどんな環境で聴くのは自由です。

iPhoneでmp3の音源を聴くだけの人だって沢山いるはずです。

むしろそれが主流になってますよね。

ただ、音を作る側、制作する側の自分が、

ちゃんと音を聴ける環境、システムくらいは持つべきだと思ったわけです。
もちろん今まで音楽を聴く環境がなかったわけではありません。

PCで音楽を制作する時に使うモニタースピーカーも安いモデルですがありましたし、

CDやレコードを聴くためのステレオもありました。

ただ、何というか満足出来るものではありませんでした。

ただ聴くだけのレベルのものであり細かいニュアンスや質感まで聴きとれる環境ではなかったんです。

だから、もっと拘って音を聴いてみたいと思うようになりました。
それがきっかけでオーディオにのめり込んで行くわけですが、

スピーカー、アンプ、CDプレイヤー、レコードプレイヤーと少しずつ替えていき、

ようやく自分が満足出来るリスニング環境になりました。

ぼくは拘りだすと止まらないタイプなので、

ちょっと短期間で行き過ぎた感はありますが…(笑)

  

不思議なもので一つ揃えて音が良くなると、さらに良い音で聴ける環境を欲しがるものです。

ギタリストがさらに良い音を求めて高いビンテージギターやエフェクターを買うのと近いかもしれません。

まあ、どの世界も拘るとそうなりますよね(笑)

そして気付いたら自分は完璧なオーディオマニアになっていた訳です(笑)

オーディオ環境が整ってからは、音楽を聴く時間がとても多くなりました。

レコードもCDもそしてPC環境の音源も。

より音の良い環境で聴けるようになった分、

音に日々発見があったり(この曲こんな音入ってたんだみたいな)音楽の聴くジャンルの幅も広がりました。

今はJAZZを聴くことが多いです。

音楽制作もこのシステムを通してモニターしています。

今のご時世、音楽は、CDが売れなくなり、ハイレゾ音源(マスター音源に近い情報量の多い高解像度の音源)が出てきたり、

またアナログブームが再燃してきたり、リマスター盤がどんどんリリースされたり、

オーディオの世界でもヘッドホン専用のアンプやハイレゾ対応ウォークマン、ネットワークプレイヤーなど音楽を新しいスタイルで聴くモデルが出てきて、

よい解釈をすれば音楽の聴き方の選択肢が色々と増えてきたと思ってます。

これから作品をリリースしようと思ってる自分にとっては、それも含めて面白い時代になってきたなと思ってます。

もちろん音質とかハイレゾとか色々なフォーマットは、あくまで形であり方法で、

1番大事なのことは曲のクオリティや詞、人に訴えかける何かなのはわかってます。

それも含め、作品を作るにあたって、楽しく自分が満足のいく楽曲が産み出せれはと思ってます。

そして最初の話に戻りますが…(笑)

音楽を聴いたり制作する上でのモニター環境もしっかり作れたのでこれからの作品作りが楽しみです。

また、音楽に関係したマニアックなブログを書くのでよろしくお願いします。

Post to Google Buzz
LINEで送る
Pocket